乾燥しやすい肘やひざの角質ケア方法

MENU

乾燥しやすい肘やひざの角質ケア方法について

肘やひざは、体の中でも乾燥しやすい部位です。そのため、古い角質層が蓄積しやすい部位でもあります。
なので、定期的に角質ケアをしないと、肌が黒ずんでしまったりします。

 

そこで、肘やひざ部分の角質ケアの方法についてお話していきたいと思います。

 

スクラブ入りの洗顔料で角質を落としていく

肘・ひざの角質を除去するのにオススメのアイテムは、スクラブ入りの洗顔料です。
この洗顔料を使って、ゴワゴワする部分を軽くこすり、角質を落としていきましょう。

 

ちなみに、使う洗顔料はどんな物でも構いません。
近くのドラッグストアで手に入るスクラブ洗顔料で大丈夫ですよ。

 

今は、体に特化した角質オフ用のスクラブ剤も出ているようです。
でも、わざわざそれを買わなくても、洗顔料で十分です。

 

この角質除去を行うペースは、月に1〜2回ペースにしておきましょう。
角質が気になると、ついつい週に何回かやりたくなってしまいますよね。

 

でも、あまりやり過ぎてしまうと、逆に角質層が厚くなることもあるので、気をつけてください。

 

また、こする時は、「軽く軽く」を意識してください。強くこすり過ぎると、肌表面を傷つけてしまうことになります。

 

スクラブケアの後は、念入りな保湿を

さて、スクラブで古い角質を落とした後は、肌がとてもデリケートな状態になっています。
それに加えて、肘・ひざは、皮脂腺が少ないので、他のパーツよりも乾燥しやすいのです。

 

なので、できるだけ念入りに保湿をしましょう。

 

まず最初に、肘・ひざに化粧水をたっぷりとなじませます。
これによって、肘・ひざ部分に水分を十分に浸透させていきます。

 

次に、乳液か保湿クリームをたっぷりと肘・ひざに塗ってください。
使う乳液・保湿クリームは、顔に使っているもので大丈夫です。

 

もしボディ専用のものがあれば、そちらを使っても良いでしょう。

 

そして最後の仕上げに、肘・ひざに軽くラップを巻きます。
そのままの状態で、10分程度、休憩しながら放置してください。こ

 

うすることで、保湿成分がより深く浸透するようになり、確かな保湿効果が期待できます。

 

ちなみに、ラップを巻く時は、あまりきつく巻き過ぎないようにしてください。
皮膚呼吸ができなくなって、逆効果になります。

 

また、暑くなって、気分が悪くなる場合もありますよ…。

 

角質ケアは月1〜2回、保湿は毎日行う

先ほど、「角質ケアは月に1〜2回程度」とお話しましたね。
でも、保湿の方は毎日行うようにしてください。

 

保湿を行うのは、基本的にお風呂上りがオススメです。
肌が柔らかくなっている上に、毛穴が開いていて、保湿成分が浸透しやすいからです。

 

もちろん、乾燥しやすいという場合は、朝起きた時にも保湿を1回プラスしても良いでしょう。

 

毎日保湿を行えば、古い角質層が蓄積しづらくなります。
その結果、角質で肘やひざをゴワゴワさせないための、土台が出来上がっていくのです。

関連ページ

ひざ下の黒ずみにピーリングは有効!?
角質ケアとしてピーリングは有名ですが、黒ずみには有効なのでしょうか?検証しましたのでご覧ください。
ふくらはぎの毛穴のブツブツ(凹凸)お手入れ方法
ふくらはぎの毛穴のブツブツ(凹凸)って目立つしイヤになりますよね。実はこの毛穴のぶつぶつ、大きく分けて2種類あります。改善するにはこの方法が役立ちます。
皮膚科で行う黒ずみ治療法とはどのようなもの?
皮膚科で行う黒ずみ治療法と美容クリニックで行う治療法をそれぞれ解説しています。
ひじひざの美白効果が期待できる成分
ひじひざの美白効果が期待できる成分について掲載しています。プラセンタ、グリチルリチン酸ジカリウム、カンゾウ葉エキス・・などなど。シルキークイーンを検討されている方はゼヒご覧ください。
ひざの黒ずみに重曹は有効!?
巷でよく聞く黒ずみに重曹は有効なのでしょうか?結論から言うと、おすすめしません。その理由はこうです・・・