ふくらはぎの毛穴のブツブツ(凹凸)お手入れ方法

MENU

ふくらはぎの毛穴のブツブツ(凹凸)お手入れ方法について

ふくらはぎは、毛穴がブツブツして目立ちやすい部分ですよね。
これをそのままにしていると、脚を出すのに抵抗を感じてしまうのではないでしょうか。

 

そこで、ふくらはぎの毛穴のブツブツをお手入れするための方法を紹介していきます。

 

正しいムダ毛処理を心掛ける

毛穴のブツブツをお手入れする前に、必ず行いたいのが、ムダ毛処理方法の見直しです。
間違ったムダ毛処理をしていると、肌が傷つき、毛穴がブツブツしてしまうことが多いからです。

 

例えば、カミソリで毎日ムダ毛処理をしたり、毛の流れに逆らった剃り方をしたりしていませんか?

 

又、湿気のある場所に置いたカミソリを使ったり、何年も同じカミソリを使ったりしていませんか?

 

これらを続けていると、肌が傷ついたり、毛穴から雑菌が入ったりして、ブツブツの原因になってしまいますよ。

 

ムダ毛処理をする時は、肌を刺激しない方法でソフトに行いましょう。

 

ブツブツの状態に合わせた保湿をする

ふくらはぎの毛穴がブツブツしている場合は、肌が乾燥していることが多いのです。
なので、ふくらはぎをしっかりと保湿しましょう。

 

ただし、どんな保湿でも良いというわけではありません。
実は、ふくらはぎの毛穴のブツブツには、赤いものと黒いものがあります。

 

この2つは質が違うため、保湿のやり方を少し変える必要があります。

 

毛穴が赤くブツブツしている時は、抗炎症作用のある保湿剤を使ってください。

 

赤い部分は、炎症である可能性があるからです。
もし、かゆみを伴っているようであれば、保湿の前に、冷やしタオルや保冷剤などで冷やしてみてください。

 

炎症がある程度まで納まるので、その後で保湿剤を塗りましょう。
また、かゆいからと言って、掻いてしまうと悪化するので、気をつけてくださいね。

 

毛穴が黒くブツブツしている場合は、古い角質が蓄積していることが原因です。
この場合は、まず軽くスクラブ剤を使って、古い角質を少し落としましょう。

 

ただしし、こすり過ぎると、肌を刺激して逆効果になります。
その後、美白成分が入っている保湿剤を使ってみてください。

 

十分な睡眠と栄養を摂る

睡眠やバランスの良い栄養は、美肌のために欠かせない要素です。
ふくらはぎ部分の肌に関しても、それは全く同じです。

 

毛穴がブツブツしやすい場合は、生活スタイルの見直しも大切ですよ。

 

まずは睡眠の質を見直し、寝不足が続いているようであれば、早寝早起きを心掛けましょう。

 

また、食生活では、ビタミンCを多く含む野菜や果物を積極的に食べてください。
特に、キウイやミカン・グレープフルーツなどはオススメです。

 

その他に、ミネラルやタンパク質を含んだ食品も、ぜひ食生活に取り入れてください。
逆に、糖分や油分は、できるだけ摂取することを控えるようにしてくださいね。

関連ページ

ひざ下の黒ずみにピーリングは有効!?
角質ケアとしてピーリングは有名ですが、黒ずみには有効なのでしょうか?検証しましたのでご覧ください。
皮膚科で行う黒ずみ治療法とはどのようなもの?
皮膚科で行う黒ずみ治療法と美容クリニックで行う治療法をそれぞれ解説しています。
乾燥しやすい肘やひざの角質ケア方法
肘やひざは乾燥しやすい部位ですが、適切なお手入れをしていますか?黒ずみの原因にもなるので、正しいやり方で角質ケアをするといいですよ。乾燥しやすい肘やひざの角質ケア方法を掲載しています。
ひじひざの美白効果が期待できる成分
ひじひざの美白効果が期待できる成分について掲載しています。プラセンタ、グリチルリチン酸ジカリウム、カンゾウ葉エキス・・などなど。シルキークイーンを検討されている方はゼヒご覧ください。
ひざの黒ずみに重曹は有効!?
巷でよく聞く黒ずみに重曹は有効なのでしょうか?結論から言うと、おすすめしません。その理由はこうです・・・