ひざ下の黒ずみにピーリングは有効!?

MENU

ひざ下の黒ずみにピーリングは有効なのか検証!

よく、「肌の黒ずみには、ピーリングが有効」と言われていますよね。
そのため、ひざ下の黒ずみにもピーリングをしてしまう人もいるようです。

 

でも実は、ひざ下の黒ずみには、ピーリングはあまり効果がないということを知っていますか?

 

では、なぜひざ下の黒ずみだけは、ピーリングをやっても意味がないのでしょうか。

 

ひざ下の黒ずみは、肌の奥の黒ずみ

ひざ下以外の黒ずみは、肌表面の細胞に起きる色素沈着が原因です。
そのため、ピーリングをして、肌表面の古い角質層を剥がせば、黒ずんでいる細胞がそのまま剥がれ落ちていきますよね。

 

その結果、比較的早く黒ずみが改善されることが多いのです。
しかし、ひざ下の黒ずみは、肌表面ではなく、肌の奥にある細胞が黒ずんでしまったものです。

 

ひざ下の黒ずみは、紫外線などだけが原因でできるわけではありません。

 

例えば、ひざをついて座ったり、きつめのパンツを履いたり、机などに当たったりすると、当然ひざ下部分が刺激されますよね。
その刺激から肌を守ろうとして、肌の奥深いところでメラニン色素が大量に生成されます。

 

これが、ひざ下の黒ずみにつながっていると言われています。
また、ひざ下は乾燥しやすい部分なので、乾燥から肌を守るため、同じようにメラニン色素がどんどん生成されます。

 

つまり、ひざ下の黒ずみは、かなり根深い所にあるのです。
そのため、ピーリングで肌表面の古い角質層を剥がしても、あまり意味がないと考えられます。

 

ひざ下の黒ずみにピーリングをやると、逆効果になる場合も

ひざ下の黒ずみにピーリングをやると、かえって逆効果になるという説もあります。

 

ピーリングとは、肌表面の細胞をはがす行為ですよね。
つまり、「肌に付着した古い細胞を、無理な圧力を加えて剥がしてしまう」ということです。

 

これが肌にとっては、新しい刺激になってしまうのです。
その結果、かえってメラニン色素を増やしてしまうというケースもあるそうです。

 

メラニン色素が増えれば、黒ずみが改善するどころか、逆に悪化してしまいますよね。

 

なので、ひざ下の黒ずみには、あまりピーリングをしないようにすることをオススメします。

 

どうしても気になる場合は、たまにやっても良いですが、毎日やってはダメですよ!

 

ひざ下の黒ずみには、黒ずみ対策クリーム・美容液がオススメ

先ほどまでお話してきたことから分かるように、ひざ下の黒ずみには、ピーリングは向いていません。
ひざ下の黒ずみには、それに特化した黒ずみ対策クリーム・美容液がオススメです。

 

そのようなアイテムであれば、ひざ下部分の肌を刺激することなく、ソフトに黒ずみを改善してくれるでしょう。

 

でも、どうしてもひざ下部分のピーリングをしたい場合は、AHAピーリングがオススメです。

 

AHAピーリングは低刺激なので、ひざ下部分の肌を必要以上に刺激せずに済みます。
でも、AHAピーリングが低刺激とは言え、こちらも毎日やってはダメです。

関連ページ

ふくらはぎの毛穴のブツブツ(凹凸)お手入れ方法
ふくらはぎの毛穴のブツブツ(凹凸)って目立つしイヤになりますよね。実はこの毛穴のぶつぶつ、大きく分けて2種類あります。改善するにはこの方法が役立ちます。
皮膚科で行う黒ずみ治療法とはどのようなもの?
皮膚科で行う黒ずみ治療法と美容クリニックで行う治療法をそれぞれ解説しています。
乾燥しやすい肘やひざの角質ケア方法
肘やひざは乾燥しやすい部位ですが、適切なお手入れをしていますか?黒ずみの原因にもなるので、正しいやり方で角質ケアをするといいですよ。乾燥しやすい肘やひざの角質ケア方法を掲載しています。
ひじひざの美白効果が期待できる成分
ひじひざの美白効果が期待できる成分について掲載しています。プラセンタ、グリチルリチン酸ジカリウム、カンゾウ葉エキス・・などなど。シルキークイーンを検討されている方はゼヒご覧ください。
ひざの黒ずみに重曹は有効!?
巷でよく聞く黒ずみに重曹は有効なのでしょうか?結論から言うと、おすすめしません。その理由はこうです・・・