シルキークイーンの効果を実感できない人にはある共通点が・・・

MENU

シルキークイーンの効果を実感できない人には共通点が

多くの人に高い効果が期待できることで人気のシルキークイーンですが、残念ながら、効果を実感できない人もいるようです。

 

では、シルキークイーンの効果を実感できない人には、どのような共通点があるのかを見ていきたいと思います。

 

地道に使い続けていない

シルキークイーンの効果を実感できない人の共通点で、1番多いのは、「地道に使い続けていない」というものです。

 

シルキークイーンは効果が高いと言われてはいますが、即効性はありません。

 

なので、最低でも3ヶ月くらいは使い続けないと、効果が実感できないことが多いようです。

 

シルキークイーンの効果を実感できない人の多くは、「1〜2ヶ月程度で使うのをやめてしまった」というケースがほとんどです。

 

これではやはり、残念ながら期待する結果を得るのは難しいかもしれませんね。

 

すぐに効果が感じられないと、やめたくなってしまう気持ちもわかります。

 

でも途中で投げ出しては、せっかく使い始めたシルキークイーンが無駄になってしまいますよ。

 

ムダ毛の自己処理方法が間違っている

シルキークイーンを使っても、ムダ毛の自己処理方法が間違っていると、効果を実感しづらいようです。

 

例えば、ムダ毛をカミソリで処理していたりすると、埋没毛が発生しやすくなると言われています。

 

逆に、電動のシェーバーを使うと、埋没毛が発生しづらくなるようです。

 

このように、ムダ毛処理のやり方によって、埋没毛の問題が解決するかどうかが違ってきます。

 

この点から考えると、シルキークイーンの効果を実感するためには、「シルキークイーンの毎日の使用+正しいムダ毛処理方法」が大切です。

 

これを守らずに、間違ったムダ毛処理をしていると、せっかくのシルキークイーンも、効果を実感せずに終わってしまいます。

 

特に、カミソリによる処理は、肌に負担をかけやすいので、シルキークイーンの効果も、半減してしまうと言われています。

 

1日に1回しかシルキークイーンを使っていない

シルキークイーンは基本的に、朝・夜の1日2回使用という形になっています。1日2回の使用を続けるからこそ、効果が実感できるのですね。

 

ところが、シルキークイーンを使っている人の中には、1日に1回しか使っていない人もいるようです。

 

この使い方だと、残念ながら、効果を実感することが難しくなります。

 

朝の使用は、「夜まで肌を潤わせ、埋没毛や黒ずみ改善の土台を作る」という意味を持っています。

 

一方、夜の使用は、「お風呂上がりの柔らかい肌に塗ることで、成分をより浸透させる」という意味を持っています。

 

どちらも大事な意味があるので、1日2回欠かすことなく使わなくてはなりません。

 

忙しい時や疲れている時、「毎日1日2回ずつ」を続けるのは大変かもしれません。

 

また、シルキークイーンが減るのがもったいなくて、使用回数を減らしてしまう人もいるかもしれませんね。

 

でも、面倒がって使用回数を減らしてしまうと、効果を実感できなくなります。